研修

コーチング

ねらい 部下や後輩が自発的に仕事ができるように『気づき』を与え行動を促すスキルを習得する。期待以上の成果を達成するためにチームを『活性化』させるスキルを習得する。
対象者 一般社員、管理職
時間もしくは回数 1日(6時間)
内容・プログラム
時間 コンテンツ 備考
9:30 オリエンテーション
  ・研修で身につけて頂きたいこと
  ・研修の目的
◆コーチングとは
  ・ティーチングとコーチングの違い
  ・指示/命令を「共同作業」に変える
  ・ケースで考える良い会話と悪い会話
◆コーチングの基本スキル
  1.傾聴のスキル
   ・あいづち、繰り返し、共感、要約する
  2.質問のスキル
   ・拡大質問、特定質問
   ・未来質問、過去質問



講義


ケーススタディ

講義
ロールプレイング

講義
ロールプレイング
12:00    ・肯定質問、否定質問
13:00   3.フィードバックのスキル
   ・共感の気持ちと支援の姿勢を伝える
   ・潜在的可能性、能力のあることを伝える
  4.承認のスキル
   ・承認の3つの立場
   ・プラスのストローク
  5.勇気づけのスキル
   ・勇気づける瞬間
   ・未来、現在、過去への勇気づけ
◆コーチング応用スキル
  1.効果的なアプローチ
  2.GROWモデル
◆総合演習
◆決意の共有
◆アンケート
◆理解度確認テスト

講義
ロールプレイング

講義
ロールプレイング

講義
ロールプレイング

講義
ロールプレイング
ロールプレイング
発表
16:30 ◆閉講挨拶