研修

監督職研修

ねらい

監督職は、実務の責任者としてチームをまとめ、チーム全員の力を結集し組織成果を出すキーパーソンである。目標達成、上司・部下との連結役、部下育成、上司補佐など多岐の能力が求められる。本研修では、上司からの期待を知り、自身の役割を見つめ直し、部下育成の重要性や年上部下の対応法などをケースを通じて学び、実践できる力を養う。

全体概要

対象者 監督職
時間もしくは回数 2日(7時間×2)

1日目 

内容・プログラム
時間 コンテンツ 備考
9:00 ■開講挨拶 アイスブレイキング
■監督職の立場と果たすべき役割の理解
 ・監督職の役割と要件/監督者に必要な能力
■リーダーに求められる役割
 



12:00  ・リーダーとリーダーシップ 演習
13:00 ■部下育成の重要性
 ・OJTの重要性/OJT自己診断
■部下育成のためのコミュニケーション
■部下指導の演習
 
演習
演習
演習
17:00 質疑応答

2日目 

内容・プログラム
時間 コンテンツ 備考
9:00 ■前日の振り返り
■職場の問題解決の推進
 ・問題とは何か/原因究明の仕方
 ・なぜなぜ分析の進め方
 


12:00  ・解決策を導くには 演習
13:00 ■問題解決の実践
 ・職場の問題を洗い出す
■総合演習問題
■目標設定
 
演習
演習
演習
17:00 質疑応答・アンケート