OJTトレーナー(社内指導員)教育 OJTトレーナー(社内指導員)教育

コンテンツ・ライブラリ

【1】テーマ

OJTトレーナー(社内指導員)教育

【2】対象

管理職以下

【3】ねらいと効果

管理者(先輩社員)としての部下管理、部下育成(OJT)を具体的に実践できるようになる。
1.OJTの基本や効果・目的を学び、管理職として質の高い人材育成が行えるようになる
2.OJTの手順として必要な育成計画の立て方や実施方法を学び、日々の指導に活かせるようになる
3.個人・組織タイプ別など、OJT対象者個々に適応できるノウハウやスキルを身につける 

【4】受講生の声

・ 意識的、計画的、継続的に指導することがOJTの基本と理解できた。
・ マネジメントスタイル自己分析診断で自分の長所短所がわかり参考になった。
・ OJTに取り組めば取り組むほどコミュニケーションの重要性を感じた。
・ これまでのOJTは自分たちにとって都合の良い、好みの部下を作ることと思った。部下の適性や考えを
  大切にして育成しようと思う。

【5】プログラム例

1日間
項目 内容
オリエンテーション  研修の目的、ゴール確認
OJTの基本と効果・目的を学ぶ  人材育成におけるOJTの位置付け
 OJTの目的と効果
 OJTについての共有(グループ内意見交換)
【演習1】
マネジメントスタイル自己分析診断
 
OJTの具体的手法と実行方法を学ぶ  個々の人材育成ニーズを把握する
 OJT目標、方針の設定方法
 フィードバックの重要性
【演習2】
OJTケーススタディ
 
昼休憩
OJT指導者としてのスキルアップ  職員タイプ別OJT法
 経験年数別OJT法
 組織タイプ別OJT法 
【演習3】
《グループワーク》リスニングスキル
 
《グループワーク・発表》
OJT実践計画立案
 実際の部下育成を計画し、実行に向けて検討協議する
【演習4】
組織全体のOJT計画について
 組織全体の人材マップを描き、個別の育成目標を具体化
 する
まとめ  

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:5 平均点:10.00
前
リーダーシップとマネジメント
カテゴリートップ
ヒューマンスキル
次
働くヒトのためのモチベーション向上実践プログラム