プロジェクトマネジメント/【人材開発マネジメント株式会社】
  1. HOME
  2. ソリューション
  3. コンテンツ・ライブラリー
  4. コンセプチャルスキル
  5. プロジェクトマネジメント

【1】テーマ

プロジェクトマネジメント

【2】対象

マネージャー職以上

【3】ねらいと効果

1.PMBOK(Project Management Body of Knowledge)で設定されている知識を習得できる
2.プロジェクトマネジメントの実践的なスキルを演習などを通じて身につける
3.問題解決演習ではリアルタイムに状況が変化する中で、ステークホルダを意識した問題解決の
  マネジメントを経験する

【4】受講生の声

・ 演習も含め、プロジェクトマネジメントの失敗事例が数多くあり、具体的でよかった。
・ 講師の話が受講生に考えさせるようになっていたため、非常に思考能力が鍛えられた。
・ プロマネのフレームワークが理解でき、今後の業務に繋げることができると感じた。
・ テキストの内容も充実しているが、自分の経験不足から不明な用語も多かった。テキストを基に、復習を
  実施したい。
・ リアルタイムな問題解決演習では、時間との戦いの中で、冷静に判断する能力が必要だった。もう一度
  挑戦したい。

【5】プログラム例

1日目
項目 内容
研修オリエンテーション  1.開議挨拶
 2.研修の位置付けとねらい
プロジェクトマネジメントとは  プロジェクトマネジメントの意義の理解、プロジェクト計画の概要を
 まとめる方法の学習
プロジェクト立ち上げプロセス  プロジェクト憲章の作成
プロジェクト計画プロセス




 1.プロジェクト統合:システム開発方針の設定
 2.プロジェクトスコープ
 3.プロジェクトタイムマネジメント
 4.プロジェクトコスト
 5.プロジェクト品質
 6.プロジェクト人的資源
<演習>
問題事例
 個別の問題事例(プロジェクト計画の問題)の検討をグループ
 単位で実施
昼休憩
<演習>
問題事例演習
 1.個別の問題事例(開発組織関連の問題)の検討をグループ
   単位で実施
 2.プロジェクトリスク
 3.プロジェクト調達
<演習>
問題事例演習
 個別の問題事例(オフショア開発の問題)の検討をグループ
 単位で実施

プロジェクトの実行プロセス
 1.プロジェクト統合
 2.プロジェクト品質
 3.プロジェクト人的資源
 4.プロジェクトコミュニケーション
 5.プロジェクト調達
終了  
2日目
項目 内容
プロジェクトの監視コントロールプロセス  1.プロジェクト統合
 2.プロジェクトスコープ・タイム・コスト・リスク・調達
 3.プロジェクト品質
 4.人的資源管理
 5.プロジェクトコミュニケーション:プロジェクト状況報告
<演習>
問題解決演習
 顧客の評価で発生した問題の原因検討、対応策の検討などの
 問題解決演習を実施
 受講者がプロジェクトマネージャの立場で担当者(講師)からの
 問題のヒアリングを実施し、状況のマネジメントをリアルタイム
 形式で実施
昼休憩
<演習>
問題解決演習(続き)
 
プロジェクトの終結プロセス  1.プロジェクト完了報告書の作成
 2.プロジェクトの評価
研修の纏め
 1.受講者からの感想発表
 2.講師から研修全体の講評
 3.アンケート記入他
終了  


お電話でのお問い合わせ→岡山086-253-7131・東京03-5652-0777/営業時間は土日祝日を除く9時〜18時メールフォームからのお問い合わせ/24時間受け付けております

ページトップへ戻る

事業案内

診断ツール

TCIパーソナリティ診断

世界で初めて人間の遺伝子レベルでの妥当性を検証した「TCIパーソナリティ診断(日本国内における独占的使用権を獲得)」を活用し、モチベーション尺度や価値観尺度等を連動させ、本人のパーソナリティをさまざまな角度から診断します。

採用基準作成から、それに基づく採用選考方法及び、配置配属への応用方法、あるいは社員教育の現場での活用ノウハウの提供を行います。