コンテンツ・ライブラリ

【1】テーマ

ビジネス資料のつくり方

【2】対象

事務職・現業職、新入社員〜管理職

【3】ねらいと効果

ねらい: 正確・定量的に情報を伝えたり、報告するためにはビジネス文書・資料づくりの知識が必要
効 果: 1.口頭による報告とは違い、一度に多くの人に正確に情報を伝えられる
       2.文章を書いたり、資料をつくることにより、「考える力」が自然と身に付く
      3.職場全体の「報・連・相」がスムーズに行える

【4】受講生の声

・ ビジネスで使う文書の書き方が分かった。箇条書き・グラフなどを使うと効果的なことが分かった。
・ 口頭で話を聞いても、全てが理解できるわけでなかったが、文書だと読み直しができる。
・ 作業手順やワンポイントレッスンで、指導がし易くなった。
・ 報告やプレゼンテーションが上手くなった。

【5】プログラム例

一日の流れ
項目 内容
ビジネス文書の作成ポイント  文書の書き方・注意点・工夫
昼休憩
作業標準・マニュアルの作成ポイント  フォーマットの作り方、文書の見える化
文書・マニュアル作成演習

 グループ演習
終了  

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:2 平均点:10.00
前
営業財務基礎
カテゴリートップ
プロフェッショナルスキル
次
採用戦略構築