人材開発・教育研修 人材開発・教育研修
  • HOME
  • 人材開発・教育研修
  • 人材開発・教育研修

人材開発・教育研修

考働力(こうどうりょく)のある、自立した人材の育成のために

考働力のある人材とは・・・

わたしたちが描く『考働力』のある人材とは、

  • 高いモチベーションを持続し、自分の能力を高めるとともに周囲にも良い影響を及ぼす人材。
  • 会社・組織の目標と自分自身の目標の連鎖を理解し、その達成を強力に推進できる人材。
  • 仕事の本質を理解し、企業と自分自身の価値を高め続けることに挑戦できる人材。

世の中が大きく変わろうとしている今、これらの考働力を持ち、しっかりと自立できる人材が求められています。わたしたちの使命は、その人材育成に教育研修を通じて関わることです。

学びのステップと考働力

学びのステップと考働力

オリジナルケース事例と実践で高める考働力

まずお客様のコア・コンピタンス(維持すべき核となる能力)を明確にし、仕事のベースとなる知識・技能を洗い出します。そして、現状(現場)の問題を深く掘り下げます。その上で「あるべき姿と現状のギャップ」(=課題)を解決する具体的な方法論を、受講者と共に考え出します。そして現場での実践を通じて、周囲を巻き込みながら具体的な成果を生み出していきます。その実践プロセスにおいても個別コーチング、フォローアップ研修で深く関わります。

このステップを着実に踏んでいただくために、実際の現場でのヒアリングを元にしたお客様独自のオリジナルケース事例を作成し、提供します。研修内で議論し、解決策を検討することで受講者の『考力(こうりょく)』を高めます。そして、実務で『働力(どうりょく)』に変えて実践し、その過程と結果を再度ふり返り、PDCAをまわします。その場だけに終わらせない、効果を根づかせる仕組みづくりがわたしたちの強みです。

  • HOME
  • 人材開発・教育研修
  • 人材開発・教育研修