人材開発・教育研修 人材開発・教育研修
  • HOME
  • 人材開発・教育研修
  • レジリエンス育成プログラム

レジリエンス育成プログラム

レジリエンス(Resilience)の育成

「変化に強く、折れない心」を育てる

■レジリエンスは誰でも身につけられる能力

「復元力」ともいわれるこの能力は、日常生活やビジネスシーンにおける逆境や失敗、そして挫折に屈することなくしなやかに立ち上がるための能力として、いま企業でのリーダー育成や学校教育で注目を集めています。

日本において長い間「精神論」で片付けられがちだった「折れない心」、「くじけない心」はいま科学的な手法によってトレーニングできるものとなり、誰でも身につけることができるのです。

■レジリエンス(Resilience)とは

  • レジリエンスとは、人間が本来持っている困難や逆境に対処する力のことです。心が鋼のように強いというイメージよりも、『しなやかな心の持ちよう』がレジリエンスといえます。
  • レジリエンスの概念は1970年代に生まれています。うつ病と異常心理学の世界的権威であるマーティン・セリングマンが、1998年にポジティブ心理学の重要性を説き、以降レジリエンスはこの分野で研究されています。
  • レリジエンスの研究は、ポジティブ心理学という新しい学問の影響を受けています。従来の心理学は、うつ病などマイナス状態からゼロの状態に戻ること(リカバリー)を研究するのに対し、ポジティブ心理学はプラス状態に目を向け、さらに全体をプラス状態にすることを研究します。その結果、ストレス抵抗力・逆境力を向上することに成功しています。

立ち直る「力」はトレーニングで身につきます!

■企業内研修にて求められる背景

若手・ベテランを問わず、業務のストレスに直面しないことはありません。その時に冷静に自己を把握し、プラス思考で立ち直る能力が必要です。

特に新入社員や若手層の気質として、「叱られ慣れていない」「ストレスに弱い」「環境変化に弱い」などの特徴が挙げられています。

打たれても立ち直るこの能力を身につけることで、メンタル補強、意欲向上、離職防止などに効果が見込まれます。

■レジリエンス育成プログラム

目的 レジリエンスとは何かを学び、自己のレジリエンスを知ることで困難な状況からの回復力や変化する状況の中でしなやかに生きる強さを高める。
プログラム
  1. レジリエンスとは何か?
  2. レジリエンストレーニング(1) レジリエンス測定
  3. レジリエンストレーニング(2) 復元力曲線
  4. グループワーク「協力ゲーム」
  5. レジリエンストレーニング(3) 私の対人傾向 対人マップの作成
  6. レジリエンストレーニング(4) 感謝のワーク「上司・先輩への手紙」
  7. ロールモデルをつくる

※ご要望によりカスタマイズします。

■受講者・ご担当者の声

空調機械メーカー(中堅層)

  • レジリエンスとは何かが分かった。今後、落ち込んだ時に自分でプラス転換できそうだ。
  • 復元力曲線が下がっても、客観的な方法論で上げられると知った。
  • 他人に対して働きかけることで、自分も変わっていくことが実感できた。

自動車架装メーカー(新入社員)

  • これから大変なことがあっても立ち直る方法が分かり、安心できた。
  • ゲームワークで、周囲の人の状況を察する大切さが分かった。
  • どうすれば自分をプラスに持っていけるか、自信がついた気がする。

人事総務ご担当者の声

  • 受講後に表情が明るくなったようだ。落ち込んだ時の自分を見つめることができ、そこからの対処法も分かったことで、不安感が少なくなったと思われる。今後、強く、しなやかな心を持って頑張って欲しい。
  • HOME
  • 人材開発・教育研修
  • レジリエンス育成プログラム