優位性を目的にした戦略コンサルティング 優位性を目的にした戦略コンサルティング

ソリューション

経営戦略とその一部である事業戦略について「策定⇒実行⇒評価」のプロセスを総合的に構築いたします。戦略を構築する前提としては、他社と比較して優位であることです。その優位性は時間的にも優位であること(他社が真似をしようとしても一定期間を要する)が必要です。基本的にコストリーダーシップ戦略と差別化戦略を基本に構築いたします。

1.戦略の策定

     1. 自社と競合相手を取り巻く外的要因と内的要因(能力・資源)を分析・評価します。

     2. 上記の結果に基づいて長期的ゴールイメージと短期的目標を設定します。

     3. ゴールイメージと目標を達成するために必要な計画と手段を決め、戦略を策定します。

 

2.戦略の実行

     1. 戦略の実行に必要なインフラの整備を行います。

     2. タテの構造(階層別)もしくはヨコの構造(プロジェクトチーム)を確立します。

     3. そのグループやメンバーに権限と責任を割り当てます。

     4. プロセス遂行を管理し、必要に応じて資源を再配分したり、プロセス変更をします。

 

3.戦略の評価

     1. 戦略の有効性を各種分析ツールを通じて評価します。

     2. 戦略が有効でないか、環境・状況の変化が生じた場合には、必要に応じて戦略を変更、再策定します。