目的別教育研修<教育研修事業部<事業案内/人材開発マネジメント株式会社
  1. HOME
  2. 事業案内
  3. 教育研修事業部
  4. 目的別教育研修

組織・個人の抱える様々な課題にアプローチ!

目的別教育研修とは…

職場が抱える短期及び中長期的な課題に対応し研修テーマを絞り、選定されたテーマの具体的課題解決を図るための研修です。 実施にあたり、オリジナルケース事例を作成し、教育研修を現場の実務にクロスオーバーさせることで組織学習の効果をより一層高めることができます。

目的別教育研修の内容

業績向上を図る目標管理研修

目的 目標による管理について実践的に理解し、業績向上に向けた運用スキルを習得します。
プログラム
  1. 目標管理は適切な目標の設定から
  2. 目標達成のためのプロセス検討
  3. 業績向上を図る行動計画の策定
  4. 目標達成度評価(基準値・達成度の明確化)
  5. フィードバック面談

戦略的営業スキル研修

目的 顧客との会話から、顧客が話す言葉の上ではなく、その裏側に潜む”本音”や”背景”を聴き出し、解決提案と商談の成立に向けた実践スキルを習得します。
プログラム
  1. 顧客の話す言葉から市場が見える
  2. 問題を明らかにする質問の技術
  3. 問題を課題に変える
  4. 課題解決の提案によって喜ばれる活動
  5. 顧客拡大に向けたリピートにつながる活動

成果を上げるタイムマネジメント研修

目的 タイムマネジメントにより仕事の管理を行い、本来持っている能力を十分に発揮でき、組織全体の能力開発と業績向上へつなげるノウハウを習得します。
プログラム
  1. タイムマネジメントとは
  2. 仕事のスタイル分析
  3. タイムマネジメント演習
  4. 優先順位の決定
  5. 仕事の見直しと実践ステップ

ビジネス数字で鍛える判断力

目的 キャッシュフローの重視、連結などの企業会計の変化に対応した経営指標の意味や分析手法を理解し、先見性、計数力により判断力を高めます。
プログラム
  1. 経営数字の基礎
  2. 利益構造と創出の手法
  3. 利益の見方と診断
  4. 企業の成長性診断
  5. キャッシュフローと危機管理

部下をやる気にさせるコーチング研修

目的 メンバーの持っている能力や知恵を引き出し、より高いレベルのコミットメントを得るためのコーチングスキルを習得します。
プログラム
  1. コーチング哲学の理解
  2. 的確な質問力と相手の十分な理解
  3. 支援のための戦略を練る
  4. 自分で解決する力を身につけさせる
  5. 部下に挑戦を促す

意思決定のビジネスプレゼンテーション

目的 顧客の意思決定を促進する上で不可欠なものとなっているプレゼンテーションについて段階的に、かつ、実践的に習得します。
プログラム
  1. 人間心理を活用する手法
  2. ビジネスを成功させるプレゼンテーションの構図
  3. 顧客の心をひきつけるプレゼンテーション
  4. 意思決定のためのプレゼンテーション
  5. 自分のクセに気づき、修正する

課題解決のためのロジカルシンキング

目的 "問題発見" "問題解決" のプロセスを習得し、論理的にビジネス課題をとらえ、解決していくビジネスリーダーを育成します。
プログラム
  1. 情報収集と分析の仕方
  2. 問題発見と問題設定(優先順位)
  3. ビジネス課題上の問題解決とロジカルシンキング
  4. ロジックツリーでプロセスの掌握
  5. 解決策の実行と評価

自己成長を図るキャリア形成

目的 主体的なキャリア開発の重要性を認識し、自己の価値観をベースとしたキャリアデザインの設計及び、ライフプランの設計方法を習得します。
プログラム
  1. キャリアデザインの考え方の理解
  2. キャリアシート作成
  3. キャリアビジョンの設計
  4. OJT〜Off-JT〜自己開発
  5. 到達に向けた実践ステップ立案

顧客満足を高めるビジネスマナー

目的 企業繁栄の重要課題が"CS(顧客満足度)"であることを理解し、CSを高めるための顧客対応の仕方について習得します。
プログラム
  1. CSが求められる背景
  2. 正しい敬語と言葉づかい
  3. あいさつ、来客応対、電話応対
  4. ワンランク上の報告・連絡・相談
  5. CSを高める応対能力の強化

目標設定とアクションラーニング

目的 職場課題を正しく目標設定することができ、メンターの支援のもとに解決へ向けた成功体験を積むことで職場に成功システムの定着を図ります。
プログラム
  1. 職場の課題認識と抽出
  2. 課題形成から具体的な目標設定
  3. 目標達成プロセス
  4. メンター支援によるアクションラーニング
  5. フィードバック面談の進め方

生産性の上がる会議の仕方

目的 ファシリテーション(協働促進)の技術を活かした、効率的で生産性の高い会議や小集団活動の進行を習得します。
プログラム
  1. ファシリテーションとは
  2. アイスブレイクの進め方
  3. 観察力を高める
  4. 図解で的確につかむ議論の流れ
  5. 対立を乗り越える

顧客対応力の強化研修

目的 ホスピタリティーマインドを養い、CS(顧客満足)とES(従業員満足)の両方を満たすためにできることは何かを習得します。
プログラム
  1. ホスピタリティーマインドを鍛える
  2. CSとESの両方を目指して
  3. クレーム処理の進め方
  4. 「三方よし」の精神(CSR)に学ぶ
  5. お客様はパートナー
お電話でのお問い合わせ→岡山086-253-7131・東京03-5652-0777/営業時間は土日祝日を除く9時〜18時メールフォームからのお問い合わせ/24時間受け付けております

ページトップへ戻る