ヒューマンスキルプログラム<キャリア開発事業部<事業案内/人材開発マネジメント株式会社
  1. HOME
  2. 事業案内
  3. キャリア開発事業部
  4. ヒューマンスキルプログラム

文部科学省も注目した最新の教育メソッド −ヒューマンスキルプログラム−

HSPについて

STEP1:測る→STEP2:伸ばす→STEP3:ふり返りシート

このプログラムは、平成13年より弊社と専門学校ビーマックスにおいて研究がスタートしました。その後平成15年度、16年度においては文部科学省の委託事業(先進的教育プログラム)としても認められ、他県の専門学校様にもご協力いただき、プログラム効果の検証、学生データの収集を重ねてまいりました。

また、南山大学経営学部、株式会社ヒューマン・キャピタル・コンサルティングにはオリジナルプログラムの開発とその有効性に関する理論的裏づけにご協力をいただきました。

平成18年度より高等学校向けのテキストに関しましては、岡山大学大学院教育学研究室より、教育学の観点から監修いただきました。

学生の現状把握

TCIパーソナリティ診断の活用

ヒューマンスキルを磨くには、まず、現在の自分のパーソナリティ(強み・弱み・特徴)を客観的に知る必要があります。 効果的な教育を実現するために、この検査で一人ひとりの人間性を知った上で、グループ編成を検討し、より効果の高いプログラムの提供を考えます。

プログラムの提供
HSPロゴヒューマンスキルプログラムは弊社の登録商標です。商標 2005-092483

TCI結果に基づくグループ編成

性格特性の

  1. 「自己志向(自己決定と意思力の強さ)」
  2. 「協調志向(他者受容や協調・共感性の強さ)」

の2つを伸ばすことを目的とします。

グループワーク、アクティビティを中心に展開します。

プログラムの提供の詳細はこちら
個別に伸ばす

定期的な個別面談

HSPで提供するプログラムは、あえて集団で作業させることを数多く用意しています。そうすることが学生の「予期的社会化」を促進すると考えるからです。その上で一人ひとりの学生にも対応していく手段が、毎回の「ふり返りシート」と定期的な個別面談です。そして、定期的なTCIパーソナリティ診断で学生個々の変化率を確認していきます。
弊社では、このHSPを学校内で実施いただける「HSPファシリテーター」養成のための教育プログラムもご用意しています。
ぜひ学生の皆様の人間力向上、社会適応力向上にお役立ていただきたいと思います。

お電話でのお問い合わせ→岡山086-253-7131・東京03-5652-0777/営業時間は土日祝日を除く9時〜18時メールフォームからのお問い合わせ/24時間受け付けております

ページトップへ戻る