教育研修事業部<事業案内/人材開発マネジメント株式会社
  1. HOME
  2. 事業案内
  3. 教育研修事業部

考働力(こうどうりょく)のある、自立した人材の育成のために

考働力のある人材とは…

わたしたちが描く『考働力』のある人材とは、

  • 高いモチベーションを持続し、自分の能力を高めるとともに周囲にも良い影響を及ぼす人材。
  • 会社・組織の目標と自分自身の目標の連鎖を理解し、その達成を強力に推進できる人材。
  • 仕事の本質を理解し、企業と自分自身の価値を高め続けることに挑戦できる人材。

世の中が大きく変わろうとしている今、これらの考働力を持ち、しっかりと自立できる人材が求められています。わたしたちの使命は、その人材育成に教育研修を通じて関わることです。

学びのステップと考働力

学びのステップと考働力

オリジナルケース事例と実践で高める考働力

わたしたちは研修の中で、まずクライアントのコア・コンピタンス(維持すべき核となる技術力)を明確にした上で、仕事のベースとなる知識・技能を洗い出します。 そして、現状(現場)の問題を深く掘り下げます。 その上で「あるべき姿と現状とのギャップ」(=課題)を解決するための具体的な方法論を、受講者と共に考え出します。 そして、その解決策を現場での実践を通じて、周囲を巻き込みながら実行に移すことで具体的な成果を生み出していきます。 もちろん、その実践課程にもフォローアップ(個別コーチング含む)を通じて、わたしたちは関わります。

このステップを受講者に着実に踏んでいただくために、わたしたちは実際の現場のエピソードを元にしたクライアント独自のオリジナルケース事例を作成し、提供します。 この事例について、研修内でさまざまに議論し、解決策を検討する中で受講者の『考力(こうりょく)』を高めます。 そして、現実の場面で『働力(どうりょく)』に変えて実践し、その過程と結果を再度教育の題材としてふり返り、いわゆるPDCAをまわします。 このように、研修を研修の場だけに終わらせない、効果を根づかせる仕組みづくりがわたしたちの強みです。

研修実践フロー

組織(企業・大学等)内教育研修の計画・相談・依頼
  • 担当者による訪問・提案
  • 実施計画案・講師選定等
研修ニーズ調査及び把握
  • 企業の事業・組織等の把握
  • 受講対象者の把握
  • 研修ニーズの調査
研修カリキュラムの作成決定
  • 企画原案の提出・検討
  • 研修プログラムの決定
講師との打ち合わせ
  • 実施日程の策定・検討
  • 事前課題の有無
  • テキスト・資料の検討
  • グループ分けの検討
研修
  • 各種プログラムの実施
研修の効果測定及びアセスメントの実施
  • アセスメントの実施
  • 研修の満足度調査
  • 強み・弱みの分析
  • 強化育成ポイントの提案
研修実施後のフォローアップ
  • 実施報告書の提出
  • フォローアップ教育の検討
  • ビジネスコーチング
研修効果の確認
  • フォローアップ研修の実施
  • ステップアッププログラムの提案
お電話でのお問い合わせ→岡山086-253-7131・東京03-5652-0777/営業時間は土日祝日を除く9時〜18時メールフォームからのお問い合わせ/24時間受け付けております

ページトップへ戻る